何処かにある部屋
主にTRPGに関しての御気楽停滞気味ブログです。
プロフィール

ゆうやんさん

Author:ゆうやんさん
半端なオタク歴20うん年。
理想のゲームを追い求め、
TRPGとリプレイに出会う。
スピタのコピタの2巻を熱望中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また愚痴です
今回は絵とかそんな事に関してどうでもいい事を書いてみようかと。
ていうか、書いていて思いましたが、また愚痴です。
例によって思いついたことをそのまま書き殴っているので
日本語になってたりしない部分が多々あります。
読んでも不快になるだけですよ。
なら記事にするな、というのもありますが。
でも書かないと、表に少しでも出さないとやってられない、というのが実に蟲野郎です。
*********************************************
最近絵を描いたり見て思うのは、
「私の絵には自由がない」という事でしょうか。
なんというかこー、技術不足の壁の前で立ち止まって、右往左往しているような。
自分はまだまだ下手だからこれは描けない、だから描けるものを描こう。
でもそれは実に消極的で描けないものはいつまでも描けないまま。
どうやって描けばいいのかわからない、というのもあるんですが。
絵の楽しさというのは、その表現できるものの自由さにあると思うんですが、
今の自分はその自由さよりも技術に目を奪われてガチガチに固まっているような。
アカギさん的に言えば「飾り」に目を奪われて「生きた実」を疎かにしているような。
でもその技術が無ければ表現したいものはなかなか描けないわけで。
しかしその表現したいものを描かないのは絵描きとしてどうなのか。

実は私は「落書き」が描けません。いや、今まで描いた絵が落書きレベルであるというのは置いておいて。
技術も出来具合も何も気兼ね成しにさらさらっと絵を描いてみる、というのができません。
あまり気楽に絵が描けないんですね。絵を描く以上はそれなりでなければいけない、という固定観念。
下手なものは描いてはいけない、というようなそんな感じで。

というか、どうも私は全般的に「気楽さ」というものが欠けています。
TRPGしかり、FPSゲームしかり、絵しかり、その他全般しかり。
何かする以上はそれなり以上でなければいけない、というようなプレッシャー。
まぁ、個人的にどうでもいい事に関しては全く気を入れてはいませんが。
どうでもよくない、という事に関しては気負い過ぎのような。
どうやったらこの「気楽さ」というものは手に入るんでしょうか。全く判りません。
肩の力を抜いてみるという事ができません。余裕がありません。

どうでもいいですが「~してはいけない」「~でなければならない」というような考え方は
思考がネガティブまっしぐらになるそうですね。限定主義っていうんですか?
抑圧を表す言い方なので確かにそれはあるかもしれません。
しかし他にどう考えていいのかわからないのです。
「~でいいじゃないか」という正反対の言い方をするとポジティブになるんでしょうか。

「絵が下手でいいじゃないか。頭が悪くていいじゃないか。ロールが下手でいいじゃないか。」

とか考えると、これはこれで、
「下手でいいという考え方は成長をストップさせるからこれはいけない」という考えがでてきます。
では「~してはいけない」と考えると成長するのかと考えればこれも十分怪しい訳で。
とかいうと「成長しないのはいけない事か」というのが出てくるんですが、
これは頭の中満場一致で「その通りだ」となるわけで。成長ない者に価値は無し。
なにより足手まといになると周りの人に迷惑、不快感をかけるから。
自分がどうでもよくないと思うことは全て一定以上の基準値が出なければならない。
そんなの不可能に決まってるだろバーロー。でもそう考えずにはいられない。

なんかもう書いててワケがわからなくなってきました。
なんかもうプレッシャーだらけですね。ていうか遊びのゲームにさえこのプレッシャーはどうかと思います。
でもどうかと思うだけで具体的にどう治せばいいのかさっぱりわからないわけで。
というか遊びのゲームでも他人の迷惑になってはいけないのは当然当たり前常識な事で何を言っているのか。

何を言っているのか判らないついでにもう一つ書くと、
私は調子にのるとロクな事になりません。人のことをまったく考えなくなります。
遊戯会のお絵かき掲示板でちょっと騒動を起こしてしまったのがその典型ですね。
自分に自信が全くないので煽てられるとすぐに調子に乗ってしまいます。
いや、調子にのるのは無責任な自信だけは一丁前にあるという事か。
どちらにしろまったくロクなもんじゃありません。
最近は調子に乗りかけると今までの数々の失敗が浮かんで
「調子に乗るな調子に乗るな」と手が震え出します。
手が震えると絵が描けません。プレッシャーに負けるとゲームも楽しめません。
だから「○○上手いじゃないか」と言われても調子に乗らないようにできるだけ自制しないといけません。
でもやっぱり「○○上手いね」とか「君の○○好きだよ」とか言って欲しいわけです。
「私は○○が下手だ」的な事を言いつつ、裏ではそう言って欲しいと期待する私がいるわけです。
そして言ってくれないとへこむ自分がいるわけです。自分で言っておきながら。
そして言ってくれると調子にのりかける自分がいるわけです。自分で言っておきながら。
なんたる傲慢さ。なんたる幼稚さ。自己顕示欲丸出しで実に不快ですね。この蟲野郎。

自己顕示欲。
ある意味私の動力源なのかもしれません。
自己顕示欲が動力であるなら今まで書いた事がスンナリ納得できます。
皆私を見てくれ。上手いと言ってくれ。私を褒めてくれ。私を認めてくれ。
でもそう主張するならそれなり以上の実力がなければいけない。
だから技術に拘る、上っ面に拘る、ガチガチに自分を縛る、プレッシャーを自分にかける。
気楽さというものから自分をエンドレスで遠ざける。歪んだ上昇志向。実にクソッタレですね。

動力をチェンジしたいです。
でも何にチェンジすればいいのかわかりません。
判っても実際にチェンジできるのかどうか全くわかりません。
気楽さ、余裕が欲しいとは思っていいですよね。

もう何がなんだかわかりませんが、
今回はここらへんでおしまいです。
なんだこれ。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
初書き込みです
自己顕示欲と言うか、これもある意味謙虚さとでも言うのかも知れませんね、自分もそういう事多々ありますし、褒められるのは嬉しい、だから頑張る、って割り切れればいいんですけど、そうもいかないというかいけないのがもどかしい(笑)。
実際リアルでゲームしたりでも場合によってはプレッシャーもかかるものですし、相手が見えないし、TRPGって特性からしてもしょうが無いんじゃないでしょうか、ただ今はちょっとそれを必要以上に溜め込みすぎてるだけなんじゃないかな、と余計な世話かも知れませんが、と言うか初なのに何だこの長文は、では、お目汚し失礼しました~。
【2007/11/14 16:17】 URL | アワー #iZyfd5uI [ 編集]


自己顕示欲、結構じゃないですか。

豚もおだてりゃ木に登るんだから、人間おだてたら月までいけるかもしれません。
自己顕示欲は立派な原動力だよ。もっと驕れ、昂ぶれ。いやっほー
【2007/11/23 22:53】 URL | 黒猫 #- [ 編集]

やった、初書き込みでーす
下手な絵描かないで、上手い絵が描けるようになるなんて思うな。上手は下手の上にしか無い。
くよくよしてる方が、よっぽど迷惑ですよ?ほら、しゃんとしろよ!
絵が下手ロール下手、そんな自分がどうしても許せないって言うなら、それはそのままでも結構。こういう気持ちって結局、自分の中だけの強い思い込みで、周りの人はナニソレ全く気にも留めてなかったんですけど~ってのが普通です。だから周りが何と言おうと最終的に自分で解決するしかないことですから。
最悪、モヤモヤ溜め込みすぎて爆発しちゃえばスッと気楽になれますって。
ゆうやんさんの気持ちは、読んでてすごく分かりますよ。私もいくつか共感するとこあります。だから応援するぜ。
応援はするけど励ましはしませんよ。同情の言葉掛けるほど、ゆうやんさん弱い人だなんて思ってませんから。
【2007/12/13 09:53】 URL | ウー #JOF8/Cgo [ 編集]


ありがたやありがたや。
なんとか持ち直してきました。
【2008/01/15 11:04】 URL | ゆうやん #- [ 編集]

チアミンでダイエットに挑む
ハチミツエキスとは、ハチミツから抽出した天然のエキスです http://tenaculum.thriftystmartin.com/
【2008/10/25 12:25】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yuuuansan.blog75.fc2.com/tb.php/60-63f56987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。